熊田曜子と並んで映った横澤夏子が超美肌に見えたワケ

写真拡大

 2児の母でありながら張り詰めたバストと全盛期と変わらぬ美貌を水着グラビアで披露し、人気が再燃しているグラドルの熊田曜子。35歳とは思えないナイスボディで男性陣を釘付けにする熊田だが、写真で観る姿とテレビでの表情にはどうにも埋めようがない差があるようだ。7月2日放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日系)にゲスト出演した熊田について、テレビ誌のライターが耳打ちする。

「同番組ではゲスト陣がセーラー服や学生服を着用し、学校での授業を模しているのが特徴。この日は熊田のほかに真野恵里菜や足立梨花、横澤夏子が出演していましたが、20代の彼女たちに比べるとやはり、熊田のセーラー服姿には相当厳しいものがありました」

 30代女性がセーラー服を着ると「何かのプレーのようだ」と言われるのが相場。だがこの日、熊田の制服姿が厳しかったのは、そういう艶系の理由ではなかったようだ。テレビ誌のライターが続ける。

「何より気になったのは目じりや首に刻まれたシワ。グラビアではメイクやライティングの妙でごまかせますが、テレビでは隠したいものまでクッキリと映し出されてしまい、『35歳で2児の母』という現実を突きつけられた形です。それを隠そうとしているのか化粧も厚めで、まるでピーナツバターを塗ったかのよう。斜め後ろに座るお笑い芸人の横澤と一緒に映るシーンでは、横澤の美肌が際立って見えました」

 世間的にはブサイクキャラの横澤だが、実はまだ26歳と若く、7月1日には結婚も報じられたばかり。美貌やバストでは熊田に太刀打ちできないものの、肌の張りでは圧倒的な差をつけていたようだ。

(金田麻有)