山崎夕貴アナは元カレから「クソユキ」呼ばわりされていた!

写真拡大

 懲りない性格なのか、それともダメンズに惹かれやすいのか。フジテレビ山崎夕貴アナの男運のなさには同情するほどだ。

 7月3日、交際相手のお笑い芸人・おばたのお兄さんが、千葉イオンモール幕張新都心で行われた「幕張ビーチ花火フェスタ2017」の発表記者会見に出席。おばたは、写真週刊誌フライデーにスッパ抜かれたファンの女性との不貞を、山崎アナにまだ許してもらっていないと告白。だが、破局には至らず、現在も交際は継続中とみられている。

 この日、「花火大会では『すみません』という文字の花火をドーンと上げたいくらい」と反省の弁を述べていたおばただが、今後、不貞の虫を抑えられるかどうかは甚だ疑問だ。

 それにしても、身持ちが堅そうな山崎が、どうしておばたのようなチャラい男に惚れたのか。

「もしかすると、山崎はダメな男に惚れやすいのかもしれません。1月に放送されたバラエティ番組『フルタチさん』(同局系)で、山崎は過去のダメンズとの恋愛エピソードを披露しました。山崎が元カレと元カノの関係が怪しいと思い、元カレからケータイのメールを見せてもらったときのこと。メールの中で元カレと元カノは山崎のことを『クソユキ』と呼んで、悪口を言い合っていたそうです。この元カレもひどい男ですが、それに気づかない山崎にも問題がありそうですね」(週刊誌記者)

 一番「クソ」なのは元カレかおばたかわからないが、山崎アナには一刻も早く、幸せを掴んでほしいものだ。