Appleの日本法人Apple Japanは、2017年7月16日(日)に横浜の研究開発施設Apple YTCでハードウェア・デベロップメント・インターンシップの説明会、および選考応募受付を実施します。

物理学や機械工学、材料化学などの分野の学生が対象

Appleが神奈川県横浜市に設置した研究開発施設Apple YTCは、今年3月ごろから稼働しているとみられますが、稼働に際して正式な発表はなく、研究内容などの実態も謎に包まれています。6月下旬に現地を訪れた際は、ランチタイムに財布片手に出入りする人も見かけられ、一部か全体かは不明ですが業務開始しているものとみられます。
 
企画・運営協力のアカリクが公開したインターンシップ特設ページでは、職務内容として、インターン生の個々の強みや経歴に基づき、実験の実施やデータの分析、結果の報告、様々なサンプルの光学的、機械的、熱的な特徴のシミュレーション、CADツールを用いた設計、設計審査、分析などを予定していることが公開されています。
 
参加対象は物理学、機械工学、材料科学、化学、光学、高精密加工、メカトロニクス、2次元・3次元高精密測定手法といった対象分野、キーワードに関する研究を行っている人で、2018年3月〜2019年3月までに学士号、修士号、博士号を取得予定であること、そのほか製造プロセスに関心があり、専門分野で素晴らしい学術的効果があること、そして日本語と英語での優れた口頭、筆記でのコミュニケーション技術があることなどが求められています。
 
定員は40名で、応募者多数の場合は抽選で決定となります。このイベントに参加し、後日インターンシップの1次面接に進んだ人には、7月16日のイベント参加に伴う交通費の補助が受けられる特典も設けられています。イベントへの参加費は無料です。
 
当日は2017年7月16日(日)の午前10時〜同10時30分まで会社とインターンシップの説明、10時30分〜11時には若手エンジニアによる話を聞くことができ、11時〜11時30分は質疑応答と応募受付となります。

イベントへの参加申し込みは7月7日(金)午後5時まで

アカリクの特設サイトでは、このイベントに参加するための申し込みを受け付けています。応募にはアカリクアカウントが必要となります。イベントへの申し込み期限は2017年7月7日(金)午後5時までで、申込状況により予定より早い締め切りとなる場合があります。
 
アカリクの特設サイトよりイベント参加の申し込みをし、7月16日のイベントに参加して選考応募を行い、面接などを経て参加確定となった対象者には、入館方法などが別途お知らせされる流れとなります。
 
参加用件に求められるものが多いですが、Appleのエンジニアとともに、さまざまな研究や技術が学べる機会です。興味のある方は応募を検討してみてはいかがでしょうか。
 
 
Source:Apple Japan インターンシップ特設サイト
(asm)