東京メトロ  AR技術を活用した土木構造物の維持管理教育用アプリの使用を開始

写真拡大 (全5枚)

東京メトロは、トンネル等の土木構造物の検査業務にiPad専用アプリケーションを開発・使用しているが、今回、教育用にAR(拡張現実)技術を活用したアプリケーションを開発し、2017年5月から使用を開始した。

このアプリケーションは、 2015年度から運用している土木構造物の検査業務用iPad専用アプリケーションを拡張開発したもので、総合研修訓練センター(江東区新木場)内の模擬トンネル、模擬橋りょう・高架橋において、 iPadアプリケーションの画面上に実際のトンネルや橋りょう・高架橋に存在する変状を再現することができる。

これにより、検査業務用iPad専用アプリケーションを用いた実際の検査業務と同じ手法・手順で、維持管理技能の模擬体験が可能となり、研修生の理解度向上や安全かつ時間的制約を受けない研修の実施に繋げているとのことだ。




■プレスリリース

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
・藤岡弘、さんと鈴木奈々さんがITエンジニアにエール!「ワークスタイルリフォーム ビフォー・アフター大賞」発表会
・LINEから簡単お得に買い物が楽しめるショッピングサービス「LINEショッピング」がスタート
・サイバーエージェントとCygamesが共同でアニメファンドを組成
・「COMPUTEX 2017」が大盛況のうちに閉幕
・アスラテック、ロボットを介した多言語対応業務をクラウドAIでサポートするシステムを開発