自民党は歴史的な大敗となった東京都議選。その象徴とも言えるのが7つある「1人区」での結果だ。選挙前、すべての1人区を自民党が独占していたが、今回はこのうち6つを都民ファーストの会が制し、自民党が議席を唯一守ったのは「島しょ部」のみとなった。

 島しょ部とは伊豆諸島および小笠原諸島の10の島々のエリアのことで、1878年に東京都がまだ東京府だったころに東京府の一部となった。これまでの当選者のほとんどが自民党所属で、1955年の結党以来14年間、議席を自民党が守り続けてきた。その後、連勝記録は一旦ストップしたが、1989年からは再び自民党が8連勝している。

 伊豆大島にある居酒屋で晩酌を楽しむ男性は「昔からのつながりがあるからね。他にいい政党があればね。都民ファーストはまだわからないから」と自民党を選ぶ理由を説明する。

 自民党後援会連合会事務局長の稲葉利明氏は「まず候補者本人が島の出身であるということで、実情をよくわかっている。もう一つはそれぞれの島をくまなく回って、島民の意見をきちっと聞いてそれを政策に反映してきた。それが勝因だと私は思っています」と話した。(AbemaTV/『AbemaPrime』より)


▶『AbemaPrime』は月〜金、21時から放送中!