ディスプレイ内への指紋認証センサー埋め込みは、2017年のスマートフォン業界において大きく期待されながら、技術的な課題が存在すると言われてきました。しかし、世界に先駆けて中国ベンダーのVivoがプロトタイプにて実現したことで大きな注目を集めています。

世界に先駆けてプロトタイプを披露

上海で開催された世界最大の携帯見本市MWCでは、Qualcommの指紋認証センサーをディスプレイ内に搭載した、Vivoのスマートフォンが話題となりました。実際にデモ端末を使用したユーザーが公開したハンズオン動画では、指紋を登録したうえで、指紋マーク部分に指を重ねると、端末がロック解除されている様子が確認できます。
 

 
ただし、以前Engadgetが述べていたように指紋認証に対応している領域が狭いほか、軽くタッチしただけでは指紋を認識しにくいなどの課題もあるようです。現時点ではプロトタイプに過ぎず、実際にVivoが端末をどのような形で発売するかは分かっていませんが、すでに同社はディスプレイ内に埋め込んだ指紋認証センサーをアピールした公式動画を公開しています。
 

AppleもTouch ID埋め込みは見送り濃厚?

指紋認証センサー(Touch ID)の埋め込みについては、Appleも大きく期待されていましたが、新たにKGI証券の著名アナリストであるミンチー・クオ氏が公開したレポートでは、2017年に発売予定のiPhone8ではTouch IDの搭載自体が見送られる、と述べられています。
 
Bloombergによると、iPhone8はTouch IDの代わりに虹彩認証や3D顔認証などで代替していくとのことですが、Apple Payをどのように使っていくかなどの課題も多いだけに、まだまだ不明な点も多く存在します。なお、問題のレポートが登場する以前に、AppleはTouch IDの埋め込みに関して、どの技術を使うかの最終決断を保留しているとも言われていました。
 
 
Source:GSMArena
(kihachi)