ニューカッスルが日本代表MF乾貴士のエイバルからフランス人DFフローラン・ルジューヌを獲得

写真拡大

▽ニューカッスルは4日、エイバルからフランス人DFフローラン・ルジューヌ(26)の獲得を発表した。契約期間は2022年夏までの5年。移籍金は公式には明かされていないが、イギリス『スカイ・スポーツ』は、870万ポンド(約12億7000万円)程度だと主張している。

▽フランスのリーグ・ドゥに所属するイストルでプロデビューを果たしたルジューヌは、2011-12シーズンにはビジャレアルに移籍。2015年夏にはマンチェスター・シティに加入するものの出場機会は与えられず、そのシーズンはレンタル移籍先のジローナでプレーしていた。センターバックを主戦場とする同選手は、190cmという大柄な体格を生かし、空中戦では大きな自信を見せる。また、セットプレーから得点を奪えるのも魅力の1つだ。

▽今シーズンにシティからエイバルに加入すると、リーグ戦34試合に出場し、1ゴール1アシストを記録。来シーズン、実質的なプレミアリーグ初挑戦となるルジューヌはクラブの公式サイトでその喜びを語っている。

「サインができてとても嬉しいよ。ニューカッスルはビッグクラブで、ここに来られて本当に嬉しい。ラファエル・ベニテスのような監督から君が欲しいなんて言われたら誰だって喜んでいくはずさ。監督と話してからは僕にとってここに来ることは簡単な決断だったね」