ミニッツ メイド クラフツ ミントレモネード(コカ・コーラシステムの発表資料より)

写真拡大

 コカ・コーラシステムは3日、果実飲料「ミニッツ メイド クラフツ」シリーズの第一弾として、「ミニッツ メイド クラフツ ミントレモネード」を新発売すると発表した。7月10日から全国発売。レモン果実と初摘みミントフレーバーをブランドした。価格は、500mlペットボトル140円(税別)。

【こちらも】甘酒が市場拡大、嗜好飲料や乳性飲料など市場調査結果 - 富士経済

 「ミニッツ メイド クラフツ」シリーズは、旬の食材と「こだわり素材」でおいしさを引き出した果実飲料の新シリーズ。心地よいクールな大人のドリンクの誕生だ。

 「手作り」を意味する「クラフト(CRAFT)」と「究極」をイメージする「Z」を組み合わせたのが、「クラフツ(CRTAFT)」。今までにないおいしさを追求した大人の果実飲料シリーズ。合成着色料や保存料を一切使用せず、自然なおいしさを提供するという。

 第一弾の「ミントレモネード」は、すっきりレモン果汁と爽やかな香り。酸味がきき、甘さと、爽やかさが楽しめる本格的なミントレモネードとなっている。暑い夏にリフレッシュするにはぴったり。「初摘みミントフレーバー」とは、開花前の香り高いミントリーフを使用したフレーバーのこと。

 「ミニッツ メイド」は、コカ・コーラが発売している果実飲料のブランド。元々は1945年、アメリカ・マサチューセッツ州で誕生。現在ではコカ・コーラの子会社として、太陽と大地の恵みで育った豊かな果実を原料に、世界中で販売されている。商品ラインナップは、100%果実飲料、朝気軽に栄養が摂れるゼリー飲料など幅広く、例えば、朝の健康果実、スムージー、QOOなどがある。

 コカ・コーラでは、新商品の発売により、30代以上の大人をターゲットに飲料機会を拡大させ、大人向け果汁飲料の拡充を図る方針だ。

 1886年に、アメリカ・ジョージア州アトランタで誕生したコカ・コーラは、それ以降120年以上にわたり世界中で販売され、現在では200カ国以上に広がる。同社のブランドには、ファンタ、ジョージア、爽健美茶、アクエリアス、いろはす、綾鷹、スプライトなどが含まれる。