パナソニック、「After NAB 2017 新製品発表会」を開催。CineGearで発表されたAU-EVA1も登場!

写真拡大 (全15枚)

NAB以降発表の新製品が勢揃い

パナソニック株式会社は、7月3日〜4日の二日間、東京・秋葉原のベルサール秋葉原にてNAB2017に出展した新製品の内覧会「After NAB 2017 新製品発表会」を開催した。

同社はNABにて「放送・制作・ニューテクノロジー」「スタジアム“Guest Experience=観客満足向上”」をコンセプトに、4K-HDR/HD-SDRハイブリッド運用や4K 12G制作システムなどのエンターテインメントソリューションを展示しており、同展示会では、NAB発表・展示の新製品に加え、CineGearで発表となった注目の新製品コンパクト・シネマカメラ「AU-EVA1」初号機となるプロトタイプも展示された。その他にも、「最新の4K、8K映像機器と将来の映像システム構築」と題したセミナーも開催された。

シネマ制作市場に向けたEFマウント方式の小型軽量4K60pメモリーカード・カメラレコーダー「AU-EVA1」。新開発の5.7Kスーパー35mm MOSセンサーを搭載し、4K/2K 10ビット4:2:2映像を実現。V-Logガンマ、広色域V-Gamut対応。同社のVARICAMを継承するテクノロジーを搭載している。2017年秋発売予定小型軽量4Kカメラレコーダー「VARICAM LT」。VARICAM 35と同一のスーパー35mm 4K MOSセンサーを搭載。デュアルネイティブISO(ISO800/ISO5000)、14ストップ以上のラティチュードを実現。ジンバルやドローンへの搭載にも適しているThunderbolt 3を採用したexpressP2ドライブ「AU-XPD3」。Thunderbolt 3採用により、転送速度は同社従来製品の約4倍となる最高10Gbpsを実現。512GBのexpressP2カードではAVC-Intra4K422(4K/24p)で収録可能な約3時間のコンテンツを約7分間でオフロードでき、本機2台をデイジーチェーン接続して同時アクセスすることで、512GBのexpressP2カード 2枚に記録された6時間のコンテンツ(AVC-Intra4K422、4K/24p)を約8分間でオフロード可能ドローンと風船を融合した「Ballooncam」ヘリウムガスによる風船に4基のプロペラを装備したもので、風船部分にはプロジェクションによる表示も可能。会場ではAG-GH4Uを搭載していた360°映像を非圧縮4K/30pで出力可能な360°ライブカメラヘッド「AW-360C10」。4系統のカメラ映像をスティッチング(接合)し、アスペクト比2:1正距円筒図法形式の360°映像を生成する。2017年8月発売予定カメラ部に1/2.86型フルHD 3MOSセンサーとDSP(Digital Signal Processor)を搭載した屋外対応HDインテグレーテッドカメラ「AW-HR140」。光学式の揺れ補正機能OIS(Optical Image Stabilizer)とPan/Tilt機構式振動補正機能を同時に機能させるD.I.S.S.(Dynamic Image Stabilizing System)を搭載しており、会場では実際に振動を加えてもブレないデモを行っていた業務用メモリーカード・ポータブルレコーダー「AG-UMR20」、およびAG-UMR20専用オプションのコンパクト・カメラヘッド「AG-UCK20GJ」によるポータブルレコーダーシステム新「POVCAM」AG-UMR20単体では3G-SDI入力(23.98PsF対応)からHD(1080/59.94p)収録が可能。SDXC/SDHCメモリーカード対応のダブルSDメモリーカードスロットを備え、リレー記録により長時間の連続記録が可能。新たにLAN端子を備え、IP接続による外部からのリモートコントロール、ネットワークへのストリーミング出力を実現。コンパクト・カメラヘッドAG-UCK20GJは、広角・20倍ズーム、16軸独立色補正、5軸ハイブリッド画揺れ補正、赤外線撮影、NDフィルターなどを装備4K/HDインテグレーテッドカメラ。講義やブライダルなどのシーンで活躍する、回転台一体型カメラNABでも展示されており、今回参考出品となったライブプロダクションセンター「AV-HLC100」。1MEのスイッチャー、リモートカメラコントローラー、オーディオミキサー機能を一体化。ワンマンオペレーションによるライブストリーミングが可能な簡単操作を実現。オートリンク機能によりリモートカメラと接続が容易(最大8台接続可能)12G-SDIに対応した4Kライブライブスイッチャー「AV-HS8300」。4Kモードで最大80入力/40出力に対応した4MEスイッチャー。DSK/8キーヤー、マルチビュー4系統出力、10bitフレームシンクロナイザー、カラーコレクターなどの機能を搭載している。2017年10月発売予定参考出品の8K映像切り出しシステム「EMCOSS」。マルチカメラ連携システムにより、ワンマンによるマルチカメラ制御が可能。8Kセンサーと広角レンズ補正技術により超広角映像からのクロッピング可能AVC-ULTRAや12G-SDIに対応した8Kスーパーハイビジョンレコーダー「AJ-ZS0580」。AVC-ULTRA(AVC-Intra4:2:2)で、8K-YPbPr方式59.94p In/Out(12G-SDI×4)を備え、expressP2カードおよびmicroP2カードにて8K記録が可能。あわせて、HD同時記録や4KおよびHDの同時出力も行える。2017年10月発売予定4Kアーカイブシステム。一時保存、アーカイブした4K素材はプロキシ生成・メタデータの紐づけにより検索・Web検索が行える。4KからダウンコンバートしたHD素材に4K素材を添付するアーカイブ機能を搭載している