長瀬智也さん演じる心に孤独を抱える主人公の岡崎律が運命の女性に出会い、かつて自分を捨てた母親を求める、この夏一番切ない愛の物語、TBS日曜劇場『ごめん、愛してる』。

7月9日の放送に先立ち、プレミアム試写会&舞台挨拶が7日4日都内で行われ、主演の長瀬さん、吉岡里帆さん、坂口健太郎さん、大竹しのぶさん、池脇千鶴さん、大西礼芳さんが登壇しました。



出典:Nosh

長瀬さんと言えば、ワイルドで男らしい印象ですが、実は“甘党”と発覚。本作のタイトルにちなんで、“愛してる”ものについて聞かれると「ドーナツにハマっていて、現場に差し入れしました。とてもボリューミーなんですが、おいしいです」と笑顔を見せました。

アイドルピアニストを演じる坂口さん。ピアノシーンは実際にご自身が演奏しているとのことで、「保育園の時に2年間くらいピアノを習っていたのですが、楽譜も読めなかったので一から教わりました。クランクインがコンサートのシーンだったので、ホテルにピアノを持ち込んで、時間があったらずーっとやっていました」と苦労を語りましたが、共演者からは“天才”といじられる(!?)場面も。


出典:Nosh

長瀬さんは「(坂口さんは)衣装で鳥の柄のシャツを着ていて、“鳥の柄だね”って言ったら“羽ばたいちゃいますね”って」と明かすと、吉岡さんは「“難しい曲しか弾けない”って言っていました」と吐露。それを受けて坂口さんは「音と映像を撮って覚えたので、簡単な曲は弾けない。練習中にそのまま鍵盤に頭をつけて寝ていたこともありました」と“天才”ならではのエピソードをハニカミながら披露しました。

そんな天才(!?)坂口さんの“愛してる”ものはというと、「出前です。ピアノを家でずっと練習しているので、外に出なくなったんです。友達とごはんに行く時間すらも練習にあてているので、出前を取るようになりました」とコメント。どこまでも役に没頭する坂口さんなのでした。

第一話では副音声の実施が決定。韓国語のセリフを日本語吹き替えするという異例の試みを行います。

TBS日曜劇場『ごめん、愛してる』は7月9日(日)よる9時から初回25分拡大でスタートです。お楽しみに!

【関連記事】

※ ディーン・フジオカ、結婚は「いいもの」と魅力熱弁

※ 多忙なイケメン俳優・菅田将暉、人生初の肩書き「光栄」

※ 長瀬智也、瑛太、渡辺直美が「東京フレンドパーク」で白熱バトル

※ 泉里香 「おいしい〜もう一杯!」

※ この夏、ジャック・スパロウが大暴れ!シリーズ最大の謎も明らかに