画像提供:マイナビニュース

写真拡大

マウスコンピューターは3日、同社製品に関する情報を提供している「アフターサポートセンター」のWebページをリニューアルしたことを発表した。

今回のリニューアルは、新規ユーザーの増加やユーザーの多様化にともない、「問い合わせのしやすさ」「問い合わせ先の見つけやすさ」「FAQの使いやすさ」を考慮した改良が行われている。

FAQ / ドライバ・マニュアルダウンロード / 故障診断・修理 / 回収・リサイクルなど、各ページへの導線をファーストビューに置き「問い合わせ先へのスムーズな誘導」を実施。シリアルNo.から情報を検索できる検索窓も設置された。

電話窓口の混雑状況や修理作業目安を表示する「リアルタイムでのサポート状況の表示」も集約され、電話以外のサポート手段として「LINEでトークサポート」への案内も用意されている。そのほかにも、症状や事例からトラブル要因を探し確認できるようにも改良された。

このリニューアルにより、顧客が製品のトラブル / 不明点を解決するまでのユーザーストレスを軽減する。また、上記に加えて、スマートフォン専用ページも新たに用意。スマートフォンからサポート情報を調べやすくなっている。