ファーウェイ、クラムシェル型で日本PC市場に本格参入

写真拡大

 ファーウェイ・ジャパンは7月4日、同社初のクラムシェル型ノートPC「HUAWEI MateBook X」と、昨年夏に発売した2in1 PCの後継機種「HUAWEI MateBook E」を発表した。

 SIMフリースマートフォンやタブレット端末で培った技術力を生かし、モバイル発のチャレジャーとして、PCカテゴリにも本格参入する。税別価格は、世界最小クラスのコンパクトボディの「MateBook X」は14万4800円から、「MateBook E」は専用のキーボードカバー付きで9万2800円から。(BCNメディア編成部)