ドンナルンマはミランでプレーを続ける

写真拡大

ジャンルイジ・ドンナルンマはACミランと契約を延長する事で合意に達した。
“Sky Sports”の報道によると、この18歳の若きGKは今後5シーズンの契約を結び、年俸600万ユーロ(約7億7,000万円)を受け取る事となる。

【関連記事:天才18歳GK 不仲を一蹴】

ドンナルンマは2シーズン前にミランでデビューを飾って以降、絶対的守護神として君臨している。
そして彼の素晴らしいパフォーマンスは彼を市場で最も人気のあるフットボリスタの1人へと変えた。
最近数週間ではレアル・マドリードからの関心やPSGが年俸1,400万ユーロ(約18億円)を支払う準備をしているなどといった噂が飛び交っていた。

クラブ・ロッソネロ(ACミランの愛称)はそれらの奇襲の可能性を避けるために交渉を加速させた。
ミランとドンナルンマが合意に達した新契約の契約解除の条項には次のチャンピオンズの出場権を獲得した場合は1億ユーロ(約128億6,000万円)、出場権を逃した場合は5,000万ユーロ(約64億3,000万円)と設定されている。

またジャンルイジ・ドンナルンマの新契約には昨シーズン、トリポリでプレーした兄のアントニオ・ドンナルンマの加入も含まれると思われる。