浜崎あゆみ

写真拡大

 歌手の浜崎あゆみが自宅兼事務所として長年使用していた南青山の豪邸と思しき物件が、22億円で売りに出されていると話題だ。

 物件情報サイト「suumo」によれば、土地面積は99.55坪。角地で隣が駐車場のため、日当たりは良好。ほとんどの窓に黒い格子がつけられており、プライバシーも守られそうだ。

 2014年に出版された浜崎のライフスタイルブックによれば、エントランスから地下に入る専用階段は全面鏡張り。地下の仕事専用部屋は、壁と天井が真っ赤に塗られ、クラブのような雰囲気。壁と床はその多くが大理石で、5階のテラスにはジャグジーが完備されている。

「一部週刊誌によれば、同物件は浜崎が南青山のアパレル会社に『売りたい』と持ちかけ、すぐに商談が成立したとか。3月末にはアパレル会社に渡ったものの、利用方法がなかったのか、最近になって再度売りに出されたよう。それにしても、22億円もの価値がある豪邸に住んでいたとは、浜崎のセレブぶりに改めて度肝を抜かれます」(芸能記者)

 その後、大田区内の高級住宅地の中古物件を購入し、現在は母親や愛犬と暮らしている浜崎。4日発売の「FLASH」(光文社)によれば、新居は地上3階建て。60畳のパーティールームや、50畳のゲストルームなどを備えており、その売り出し価格は10億円だったという。

「南青山の物件が22億円ですから、10億円以上のお釣りがくる。先月出演した『しゃべくり007』(日本テレビ系)で、お手伝いさんが『5人くらい』いることを明かした浜崎ですが、最近はCM契約もあまりなく、ファン離れも進んでいるため、ネット上では『なんでそんなにお金があるの?』と疑問の声が相次いでいる。同時に、南青山の自宅を売却した理由を『金欠』と見る声も。真相はわかりませんが、浜崎の生活水準が今でも浮世離れしていることは確かです」(同)

 そんな中、3日、浜崎の新居の外観や表札がTwitter上に晒され、本人が激怒する騒ぎが。浜崎はすぐさま投稿者のツイートを引用し、「限度があります。先程、通報しました」「芸能人だから仕方ないという理由で終わって欲しくない」「ここには私だけでなく大切な家族が住んでいます。家の外観ならまだしも(勿論それもないに越したことは無いですが)自宅内の様子までわかる写真を撮影し載せるなど絶対に許されない事です」などとツイートした。

 これを受け、投稿者は該当の写真を消去したものの、怒りが収まらなかったのか、浜崎は問題の写真を再度投稿し、「(アカウント名)さんは夜間にまで訪問し車のヘッドライトを当てて撮影されていますが、度を過ぎているので地元警察へ連絡したところです。ただの好奇心では済まされません」と報告。

 これに、ファンから「あゆちゃん! 犯人は写真消したんだから、もうアップしないほうがいいと思うよ」「あゆちゃんがリツイートしたら、大変なことになるよ!」といったアドバイスが殺到したため、この投稿は後に消去された。

「浜崎は、自ら自宅の写真を広めていることに気付かないほど、怒りに震えていたのかもしれません。ただ、浜崎は5日放送のバラエティ番組『今夜くらべてみました2時間SP』(同)で、新居をテレビ初披露するといいますから、今後、ますます自宅が注目されそう。浜崎が静かな生活を送れることを、祈るばかりです」(同)

 その浮世離れした私生活が世の関心ごととなっている浜崎。騒がしい日常は、スターの宿命とも言うべきだろうか?