珈琲と本の新しいブランド! エソラ池袋4階に「本と珈琲 梟書茶房」がオープン♪

写真拡大

2017年6月30日(金)より、東京メトロ池袋駅直結の駅ビルEsola(エソラ)池袋4階に、「本と珈琲 梟書茶房(フクロウ ショサボウ)」がオープン。コンセプトは「Coffee Meets Books」。株式会社ドトールコーヒーとエディトリアル・ジェットセットの柳下恭平氏が、珈琲と本の新しいブランドを作りました。

■選りすぐりの本と珈琲で「あらたな本との出合い」を

「梟書茶房」のメニューは、サイフォンで抽出する珈琲「梟ブレンド」や、梟書茶房の看板メニュー「BOOKシフォン(プレーン)」がオススメ! 数量限定でシーズンごとに「珈琲と本のセット」も販売。珈琲は、本のイメージに合わせてオリジナルにブレンドされています。

本も充実しており、店内で約1000冊の本を自由に読むことができます。また、タイトルがわからない、約2000冊の袋綴じの本が販売されるのも特徴。読んでみるまで、本の中身はお楽しみ! あらたな本との出会いを楽しむことができます。本が好きな人だけではなく、プレゼントにも最適。

さらに店内は、その日の気分で使い分けられるよう「珈琲と食事を楽しむ」、「珈琲と読書を楽しむ」、「物思いに耽る」、「お喋りする」をテーマとした4つの空間に分けられています。普段、本屋に行かない人でも本を読んでもらう工夫がたくさん! 自分だけのお気に入りの場所が見つかるかもしれませんね。普段あまり本屋に立ち寄らない人でも、あらたな本との出合いが楽しめる「梟書茶房」に、足をのばしてみてはいかが?

【店舗概要】
「本と珈琲 梟書茶房(フクロウ ショサボウ)」
住所:東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola 池袋 4階
営業時間:10:30〜22:00(21:30 ラストオーダー)
席数:店内116席、テラス喫煙エリア12席
http://www.doutor.co.jp/fukuro/

(マイナビウーマン編集部)