マラドーナがロシア人女性にセクハラで起訴…コンフェデ杯決勝後に

写真拡大

 元アルゼンチン代表FWディエゴ・マラドーナ氏がセクハラで起訴されたようだ。スペイン紙『エル・ムンド』やイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』など各国メディアが報じた。

 報道によると、マラドーナ氏は2017 コンフェデレーションズカップ ロシアに招待され、サンクトペテルブルグのホテルに滞在していた模様。決勝後のインタビューを受けた後、『エル・ムンド』のロシア人ジャーナリストであるエカテリーナ・ナドルスカヤさんの部屋を訪れた。

 そこでマラドーナ氏はナドルスカヤさんにドレスを脱ぐように命令。ナドルスカヤさんがこれを拒否し、警察を呼ぼうとしたところ、同氏の友人とみられる男性に500ドル(約5万6000円)を投げつけられたという。

 この事件を受け、ナドルツカヤさんはマラドーナ氏を起訴。しかし、同氏の代理人は行為を否定。「彼女が自分で脱ぎだした」と被害者と真逆の主張をした。

 “問題児”マラドーナはまたも世間を騒がせることとなってしまった。