チョ・ジョンソク、タイでのファンミーティングを成功裏に終了…多彩なステージでファンを魅了

写真拡大

俳優チョ・ジョンソクがバンコクでのファンミーティングを盛況のうちに終えた。

チョ・ジョンソクは2日、タイ・バンコクのSHOW DC ULTRA ARENAホールにて、アジアツアー「The Room」のファンミーティングを開き、ファンと特別な時間を過ごした。

この日、チョ・ジョンソク「ああ、私の幽霊さま」で披露した自作曲「Gimme A Chocolate」を歌いながら登場し、甘い歌声でファンミーティングのスタートを切った。歌詞のように甘いカプチーノを連想させる彼の姿にファンたちは熱狂的な歓呼を送り、チョ・ジョンソクに対するタイファンたちの熱い反応を実感させた。

チョ・ジョンソクはデビュー以来、初めてのタイでのファンミーティングに来てくれた、たくさんの現地のファンたちに驚きを隠せない様子で感謝を伝えた。特に、ファンたちの熱狂的な反応に感動を受けたようにしばらく何も言えなかった。

また、今回のタイでのファンミーティングでは初めてミュージカル「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」の「Wig in a box」を歌い、名シーンBEST 5コーナーではこれまでファンミーティングで披露したものとは違った新しいシーンを用意して、タイのファンたちのための新しいステージを届け、現場の雰囲気を盛り上げたという。

チョ・ジョンソクはHe's story Quiz、10秒の定石など、さまざまなコーナーとドラマ「嫉妬の化身」のOST「私に来てくれますか?」、ミュージカル「グリース」の「Mooning」など、これまで出演したミュージカル作品とドラマOSTを熱唱し、マイケル・ジャクソンの「Billie Jean」「Dangerous」のパフォーマンスまで多彩なステージを披露した。ファンたちのために2時間を埋め尽くし、甘いファンへの愛情を表した。また、ファンのための直筆の手紙を公開し、ファンたちの声援に感謝すると共に最後の挨拶を伝えたチョ・ジョンソクに、現地のファンたちは熱い歓声で応え、感動的なシーンを演出した。

チョ・ジョンソクは7月8日、日本でのアジアファンミーティングツアー「The Room」を開催する予定だ。