3日、中国への香港返還からちょうど20年を迎え、芸能界にも中国人と香港人のカップルが増え、今では当たり前の光景となっている。メイン写真はヤン・ミーとハウィック・ラウ。

写真拡大

2017年7月3日、中国への香港返還からちょうど20年を迎え、芸能界にも中国人と香港人のカップルが増え、今では当たり前の光景となっている。視覚中国が伝えた。

【その他の写真】

1997年に香港が英国から中国へ返還されてから、今月1日でちょうど20年目を迎えた。返還後、芸能界において中国人と香港人のカップルが年々増加し、幸せな結婚生活を築いている。

中国の女優ヤン・ミー(楊冪)は、ドラマでの共演をきっかけに香港の俳優ハウィック・ラウと交際。13年に入籍し、翌年6月に長女を出産した。

中国の俳優ホアン・シャオミン(黄暁明)は、モデルで女優のアンジェラベイビー(楊穎)と15年に結婚。今年1月に長男が誕生した。アンジェラベイビーは上海出身だが、子どもの頃に香港へ移住している。

最も新しいカップルは、女優のクリスティ・チョン(鍾麗[糸是])と中国の俳優チャン・ルンシュオ(張倫碩)の夫婦だ。2人はリアリティー番組を通じて出会い、昨年入籍。クリスティ・チョンは3回目の結婚で、年齢もひと回り上となる。なお、クリスティ・チョンはカナダ出身で香港でデビューし、香港籍を持っている。

中港カップルはスポーツ界でも多く見られるようになった。元祖と言えるのが、女子飛び込みの五輪金メダリストの伏明霞(フー・ミンシア)。香港特別行政区財政局の梁錦松(アントニー・リョン)局長と02年に結婚した。アスリート界のスーパースターが、26歳年上の香港人男性を選んだことで当時は世間を驚かせた。

「飛び込み女王」と呼ばれ、美人アスリートとしても知られたのが郭晶晶(グオ・ジンジン)。12年、香港有数の富豪一族の御曹司ケネス・フォク(霍啓剛)氏と結婚し、13年に長男、今年4月に長女を出産している。(翻訳・編集/Mathilda)