ソウル駅で北朝鮮の発表を報じるニュースを見つめる市民=4日、ソウル(聯合ニュース)

写真拡大 (全4枚)

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮は4日午後3時(日本時間同3時半)、「特別重大報道」で大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星14」の発射に成功したと発表した。

 前日の3日、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が命令したという。
 報道は「弾道ロケット『火星14』は4日午前9時(平壌時間)、北西部地帯から発射され、予定された飛行軌道に沿って39分間飛行し、東海公海上の設定された目標水域を正確に打撃した」と明らかにした。
 また、「発射実験は最大の高角発射体制で行われ、周辺国の安全にいかなる否定的な影響も与えなかった」として、「大陸間弾道ロケットは頂点高度2802キロまで上昇し、933キロを飛行した」と説明した。
 その上で、「国家の核武力完成のための最終関門である大陸間弾道ロケット『火星14』の発射実験の成功は、偉大な朝鮮労働党の新しい並進路線の旗印に従い、極めて速い速度で強化・発展された主体朝鮮の不敗の国力や強力な自立的国防工業の威力」と主張した。
kimchiboxs@yna.co.kr