画像提供:マイナビニュース

写真拡大

デルは7月3日、プレミアムゲーミングPCブランド「ALIENWARE」にて、オンライン戦車バトルゲーム「World of Tanks」のオンライントーナメント「ALIENWARE CUP」を開催すると発表した。7月29日より予選を開始し、上位2チームが9月の東京ゲームショウ 2018で行う決勝戦に参加できる。

「ALIENWARE CUP」は、オンライン戦車バトルゲーム「World of Tanks」で頂点を目指すゲーム大会。7対7のチームバトル形式で予選が行われ、予選を勝ち抜いた2チームが決勝へと進むことができる。予選の開始日は7月29日で、決勝戦は9月23日の東京ゲームショウにて行われ、上位2チームには賞金や「ALIENWARE」ノベルティグッズが授与される。具体的な賞金額などは後日案内するという。

参加条件は、World of Tanksのプレイヤーで、World of Tanks ASIAサーバのアカウントを所持していること。さらに予選を勝ち残った際、9月22日と23日の東京ゲームショウで行われる決勝戦への参加が可能であること。なお9月22日はPCのセッティング日となる。

参加方法については、デルが運営するPCゲーム情報サイト「ALIENWARE ZONE」内のイベントエントリーページから、チームリーダーを含めた7名とリザーバー1名の情報を入力する。エントリーの締め切りは7月16日で先着32チームまでとなる。予選開始1週間前に大会用アカウントが配布される予定だ。

オンライン予選の開始時間は1回戦第1〜16試合が午後5時に、2回戦第1〜8試合が午後6時に、3回戦第1〜4試合が午後7時に、4回戦第1〜2試合が午後8時に行われる。

大会ルールは、対戦形式がシングルイリミネーショントーナメント。ゲームモードは攻撃/防衛戦 BO3(2本先取)。制限時間は10分間(攻防入れ替えインターバル3分)。フォーマットは8/56 (Tier VIII 車輌 最大 Tier ポイント:56)。試合参加人数は1チーム7名、リザーバー1名(オフライン出場が決定したチームは出場者7名を選定)。

使用マップは、1回戦がヒメルズドルフ、2回戦が鉱山、3回戦がステップ、4回戦がゴーストタウンとなる。攻撃/防衛はシステムにより決定され、攻撃からスタートした場合は攻撃から防衛となり、タイブレイクが発生した場合は同マップで再び攻撃となる。

使用可能車輌は、一部プレミアム車両を除くTier VIIIまでの全車輌(大会用アカウントに登録されている車輌のみ使用可能)。拡張パーツ、装備アイテム、弾薬に制限はない。