チョ・ジヌン&リュ・ジュンヨル&キム・ジュヒョク主演「毒戦」撮影がスタート…新犯罪アクション映画の誕生を予告

写真拡大 (全2枚)

スタイリッシュな犯罪アクション映画の誕生を知らせる映画「毒戦」(仮題) がキャスティングを確定し、7月1日に本格的な撮影に突入した。

「毒戦」は、韓国最大の麻薬組織の正体不明なボス“イ先生”を捕らえるため、刑事ウォンホがイ先生の組織のメンバーであるラクと手を組むことから繰り広げられる話を描く。

名前と年齢はもちろん、国籍も性別さえも分からないイ先生を捕らえるため、孤軍奮闘する刑事ウォンホ役はチョ・ジヌンが演じる。チョ・ジヌンは荒くて華やかなアクションはもちろん、捜査に臨むウォンホの信念と内面の葛藤まで表現する予定だ。

イ先生の組織のメンバーだったが、ウォンホに協力することになるラクは、忠武路(チュンムロ:韓国映画界の代名詞) の人気俳優リュ・ジュンヨルが演じる。キム・ジュヒョクは中国麻薬市場の大立者ハリム役を演じ、劇に緊張感を与える。

チャ・スンウォンは、イ先生の組織のミステリアスな人物ブライアン役を演じ、今まで見ることのできなかった新しい演技を披露する。

キム・ソンリョンは、組織の実勢オ・ヨンオク会長として登場し、ドラマ「ミセン-未生-」など多数の作品で強い印象を与えたパク・へジュンは、組織の幹部ソンチャン役として登場する。