韓国ソウルの駅で、北朝鮮の弾道ミサイル発射実験に関する報道を放映するテレビを見る人たち(2017年7月4日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】(更新、写真追加)北朝鮮は4日、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験に成功したと発表した。

 朝鮮中央テレビ(KCTV)では特別重大報道として、「火星14(Hwasong 14)」の「画期的」な発射実験を金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長が見守ったと、伝統衣装姿の女性アナウンサーが伝えた。

 また、弾道ミサイルは高度2802キロに達し、933キロ飛行したと報道。北朝鮮は「強力な核保有国」であり、「世界中どこでも攻撃できる非常に強力なICBM」を保有していると強調した。

 米国の専門家らは、今回発射された弾道ミサイルはアラスカ(Alaska)を射程に収める可能性があるとの見方を示した。

 これまで北朝鮮は、核弾頭が搭載可能かつ米国本土に到達できるミサイルの開発を目指していた。
【翻訳編集】AFPBB News