花澤香菜がハイジ役に、早見沙織がクララ役に 実写映画『ハイジ アルプスの物語』吹き替え発表

写真拡大

 児童文学『アルプスの少女ハイジ』の実写映画『ハイジ アルプスの物語』の日本語吹替キャストが発表され、予告編が公開された。

(参考:『ハイジ アルプスの物語』吹替版予告編

 世界で約60もの言語に翻訳され、5000万部以上発行されている児童文学『アルプスの少女ハイジ』。日本でも、宮崎駿、高畑勲らが手がけたアニメーション版が幅広い世代に愛され続けている。

 このたび、少女ハイジ役を花澤香菜、アルムおんじ役を茶風林、クララ役を早見沙織が声優を務めることが明かされたほか、クララの教育係ロッテンマイヤー役に本田貴子、ヤギ飼いのペーター役に笹島かほるが決定。また、千葉繁が吹替え版の演出を担当する。

 公開された予告編では、日本語吹替キャストの声が当てられている。アフレコを終えた花澤は「どんな場面でも純粋な心で喋ることに気をつけました。以前スイスに行ったことがあり、そこで感じた空気や景色を思い出しながらアフレコしていました」と、自身の経験を振り返りながらコメント。 茶風林は「世渡りが下手で、まっすぐな故に人間嫌いになってしまったおんじの厳しさ・恐さ、そしてハイジに出会って氷解してゆく心の行方を表現出来ればと思いました。大変な役でしたがおんじ役を演じられた事は大変幸せで、私の役者人生の宝物の一つになりました」と語っている。早見は「お話を頂いたときは、まさか、と驚くと同時に、とても嬉しかったです。アフレコの際はとても緊張しましたが、ハイジ役の花澤さんをはじめ皆様と掛け合ううちに作品の世界に引き込まれました」とアフレコ現場の感想を明かした。

(リアルサウンド編集部)