アウディ、ロサンゼルスのレッドカーペットに、スパイダーマン仕様にカモフラージュされた新型Audi A8が登場


6月29日ロスアンゼルスで開催された『スパイダーマン:ホームカミング』のワールドプレミアにおいて、新型Audi A8が、大勢のハリウッドスターとともにレッドカーペットに登場した。

ピーター パーカー/スパイダーマン役を務めるトム ホランドは、TCLチャイニーズシアターのレッドカーペットにリムジンから降り立ちました。その一方で、ロバート ダウニーJr.とジョン ファヴローは、Audi R8 Spyderのリヤシートに乗って観衆に迎えられました。

アウディのデザイン部門は、 今回『スパイダーマン:ホームカミング』ワールドプレミアのレッドカーペットに新型Audi A8を登場させるため、スパイダーマン仕様の新しいカモフラージュフィルムを開発した。従来の白黒渦を巻いたデザインは、スパイダーマンのシンボルである蜘蛛の巣のデザインに変更された。
新型Audi A8をハッピー ホーガンがピーター パーカーを乗せて走るシーンでは、アウディAIトラフィックジャムパイロットの機能を確認することができる。このシーンでは、ホーガンがハンドルから手を離すが、アウディAIトラフィックジャムパイロットを作動させたAudi A8は、その後の運転操作を引き受けて、自動的に走行を続ける。
アウディは、7月11日にスペインのバルセロナで開催されるAudi Summit (www.summit.audi)で、新型Audi A8を正式に発表する。

■アウディジャパン 公式サイト
http://www.audi.co.jp/jp/web/ja.html