「中国・雲南省の飼育施設に暮らす子どものメスのゾウが、ある変わった遊びをしています」と岩本乃蒼アナが伝える。もともと野生で生息していたが、2年前にけがをしているところを発見され収容された。いまではすっかり治り、元気に水浴びをしたり、職員と一緒に走ったり、サッカーボールを蹴ったりしているが、それだけではない。たしかに変わった遊びをしている。

映像がスタートすると、後ろ姿のゾウが出てくる。すると、前足を投げ出し、後ろ足を膝について、山の斜面を滑るよう降りていく。距離は20メートルくらいか。まるで人間の子どもが雪の上を滑るような格好だ。「用意、ドン」のように始めるのも、滑り台を滑るのと同じように見える。

加藤「オーッ、ハハハー。遊んでるの」。

岩本「可愛いですよね。山肌をまるで滑り台のように勢いよく滑って行きます」

スタジオのみんな、大笑いだ。

加藤「おもしれー」

岩本「なぜ始めたのか分からないそうです」

加藤「何回もやるの」

ロバート・キャンベル(国文学研究資料館館長)「何回もやっているから(面白いと知って遊んでいるのでしょう)」

加藤「滑るぞ―という姿勢がいいね」

ロバート「後ろ足が可愛い」

誰かに訓練されたのでもなく、自分で考案したのか。心から楽しんでいる風だった。