Photo by cinemacafe.net

写真拡大

切ない愛の物語を描く日曜劇場「ごめん、愛してる」のプレミアム試写会が7月4日(火)、都内にて行われ、主演を務めた長瀬智也(「TOKIO」)に加え、出演する吉岡里帆、坂口健太郎、大西礼芳、池脇千鶴、大竹しのぶが舞台挨拶に登壇した。終始、仲のよさがにじみ出ていた舞台挨拶の中でも、大竹さんは「現場はバカばっかりで(笑)。長瀬さんを中心にスタッフさんもアホばっかり(笑)」と表現すると、場内は爆笑。ただ、「休みなしの撮影でも皆が明るくて、長瀬くんがすごく現場を盛り上げてくれている」と大竹さんが続けると、長瀬さんは「バカとアホの塊といっても過言ではありません(笑)」と、愛を込めて応えていた。
「ごめん、愛してる」は、心に孤独を抱える誰にも愛されたことがない主人公の岡崎律(長瀬さん)が、純粋で愛情深い運命の女性・三田凜華(吉岡さん)に出会い、かつて自分を捨てた母親(大竹さん)を求める物語。長瀬さんは日曜劇場では初主演、吉岡さんは連続ドラマの初ヒロインとなる。さらに、主題歌は宇多田ヒカルによる書き下ろし「Forevermore」と発表されており、ドラマの内容と共に注目が高まっている。

天才ピアニスト役を演じる坂口さんは、現在外に遊びに行くこともなく一心不乱にピアノを練習していると述べ、1話で披露するピアノシーンも吹き替えなしで弾いたことを告白した。吉岡さんが、「(自分のことを)天才発言されていました。『皆が認める天才だ』って」と明かせば、坂口さんも「そうですね」と涼しい顔をしてみせ、長瀬さんなどからも「天才」ぶりについて総突っ込みを受けた。しかし、ひるまない坂口さんは、「簡単な曲が全く弾けないんです」、「練習中に弾けなくなって、鍵盤に頭をガンとぶつけたらそのまま寝ていました」と、健気に天才ぶりを匂わせると、長瀬さんにも「天才だね」と認められて(?)いた。

なお、この日、本作にてイ・スヒョク演じる韓国語の台詞を、人気声優の神谷浩史が副音声で務めることが発表された。一緒にアフレコをしたという長瀬さんは、「ドラマで吹き替えはなかなかなくて、初めてでした。本当に魂が吹き込まれているから、『この声だったのかな』って錯覚するくらい馴染んでいて」と、神谷さんの神業を絶賛していた。

日曜劇場「ごめん、愛してる」は7月9日より毎週日曜日21時〜TBSにて放送、初回は25分拡大スペシャル。

(cinamacafe.net)

■関連記事:
長瀬智也、20年ぶりラブストーリー!吉岡里帆&坂口健太郎ら共演「ごめん、愛してる」
韓国の人気俳優イ・スヒョク、長瀬智也と“ブラザー ロマンス”!日本ドラマ初出演
宇多田ヒカル、15年ぶりTBSドラマ主題歌!長瀬智也主演「ごめん、愛してる」
下野紘&櫻井孝宏らが日替わりナレーション! NHK「おはよう日本」第2弾
窪田正孝ほか総勢14人オールキャスト集合!『東京喰種』ビジュアル公開