積極補強のミランがスナイデルに触手 契約解除、移籍金ゼロで獲得の可能性も浮上

写真拡大

米メジャーリーグサッカーへの移籍も噂されるが、イタリア帰還の選択肢も…

 今オフに積極的な補強を続けるACミランが、新たなターゲットとしてガラタサライのオランダ代表MFウェスレイ・スナイデル獲得に乗り出しているという。イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」が報じている。

 2018年6月にガラタサライと契約満了になるスナイデルは、米メジャーリーグサッカーへの移籍も噂されているが、ミランは中盤のコンダクターとして経験豊富なスナイデルに注目。獲得への動きをスタートしたとされる。

 記事によれば、ガラタサライとの契約解除により「移籍金ゼロ」で獲得できる可能性が浮上しているという。スナイデルの代理人はすでにミランとコンタクトを取り、そのシナリオも含めて売り込みを始めているようだ。

 ミランは前線にポルトガル代表FWアンドレ・シウバ、中盤にはブンデスリーガでセットプレーの名手として知られたトルコ代表MFハカン・チャルハノールの獲得に成功している。同じミラノのライバルクラブであるインテルで活躍したスナイデルは、ミランからの誘いで「イタリア帰還」の道を選択するのだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images