提供:リアルライブ

写真拡大

 グラビアのみならず、様々なジャンルでマルチに活躍中の杉原杏璃が、36枚目となるDVD『Last Kiss〜杉原杏璃ファイナルイメージ』(ラインコミュニケーションズ)の発売を記念したイベントを、2日に都内で行った。

 グラビアアイドルのレジェンドの杉原は、DVD作品としてはこれで最後になると語っており、ネット上でもそれを悲しむ声も多い。

 「今回のDVDが本当のファイナルになりますけど、全体的には王道のグラビアDVDの仕上がりになっていると思います。でも最後ということで、自分のやりたいことすべて詰め込んだ作品になっていると思います」と説明した。

 杉原のグラビアの歴史がしっかり見られる作品なので、全部が見どころと言えるが、そこをあえて一番の見どころはどこかと聞いてみた。

 「今まで何も着ていないシーンを撮ったことが無いんですよ。でも今回は最後ということで、ちょっと考えてみました、おそらく動画では最後までしないだろうと思っていましたけど、仲の良いスタッフさんとずっと10年間作り上げてきたので『まあいいか』という気持ちになれて。なので思い切ってやってみました。色々な想いがあるシーンなので、そこは本当の見どころですよ」とアピールした。

 最後の作品に点数を付けてもらうと「70点くらいですね。これでも高い方ですよ。やりたいことがありすぎて、今でもやりきったという感じは無いし、まだまだやりたいことを残しながらのファイナルDVDなので、このくらいが私にとって丁度いいんじゃないかと思います。満足しきれないパワーを次に残したいと思っています」と明かした。

 このイメージDVDで最後になってしまうが、今後の活動はどうなのか?

 「DVDが最後というだけで、グラビアを完全にやめる訳ではないので、ペースは落ちてしまいますけど、グラビア活動をやっていきます。今後はグラドルみんなでグラビアを盛り上げていけるような仕事をやっていきたいです」と意気込んだ。

 後輩のグラドルに対して杉原の想いは「可愛くて脱げるのは若い時期だけなので、今のうちにドンドン出して女を磨いていって欲しいです」と後輩たちにエールを送った。

杉原杏璃
(T157cm、B89cm・W56cm・H80cm)