KDDIと沖縄セルラーは、「au WALLET プリペイドカード」が、2017年7月4日からApple Payに対応すると発表しました。QUICPay対応店舗やオンライン決済で、iPhone7/7 PlusやApple Watch Series 2から支払いが可能となります。

店舗でもネットでも利用可能

「au WALLET プリペイドカード」は、auユーザー向けに発行されるプリペイド式のカードで、2017年3月現在、約2,080万人のユーザーがいます。
 
プリペイドカードなので、クレジットカードを持てない未成年者でも持つことができ、あらかじめチャージした金額が利用上限となるため、使いすぎる心配もありません。
 
Apple Payへの対応により、交通機関、店舗、オンライン決済で利用可能となります。
 

 
また、Apple Payに設定したSuicaのチャージに「au WALLET プリペイドカード」を利用することもできます(ただし、ポイント加算の対象外)。
 
Apple Pay設定後も、au WALLET ポイントプログラムは引き続き利用可能で、利用額200円につき1ポイントのWALLET ポイントが貯まるほか、au WALLET ポイントアップ店で利用するとポイントが増量されます。

Apple Payの設定は簡単

Apple Payの設定は、Walletアプリにカードを追加する方法と、「au WALLET アプリ」から追加する方法があります。
 
また、希望する場合には、全国のauショップで設定のサポートを受けることもできます。
 

 

ポイント最大10倍のキャンペーンも実施

「au WALLET プリペイドカード」のApple Pay対応を記念し、7月4日から8月31日までの期間、ポイントが増量されるキャンペーンも実施されます。
 

 
Apple Payに設定した「au WALLET プリペイドカード」または「au WALLET クレジットカード」を、QUICPay対応店舗で支払いに利用すると、ポイントが通常の5倍もらえます。
 

 
また、専用サイトでエントリーのうえ、Suicaアプリで会員登録し、Apple PayにSuicaを追加した場合には、ポイントが合計10倍 に増量されます。
 
キャンペーンについて詳しくは、auの特設ページでご確認ください。

 
 
Source: KDDI報道発表, Apple Pay詳細ページ, キャンペーンページ
(hato)