ようやく続編の公開予定日が決定(画像は『Top Gun 2016年5月11日付Facebook』のスクリーンショット)

写真拡大

1986年のアメリカ映画『トップガン』は今も絶大な人気を誇り、公開から30年以上が経過する今も続編が観たいという声は多い。また主演俳優トム・クルーズ(55)も続編始動につき何年も言及し、今年ようやく「撮影開始は来年になる」などと明かしたばかり。一方で制作サイドも撮影スタートに向け具体的なプランを立てたもようで、公開予定日がついに決定した。 

このほどパラマウント映画が『トップガン』続編の公開予定日を「2019年7月12日」と発表し、多くの映画ファンを熱狂させている。続編のタイトルは『Top Gun: Maverick』になる可能性が高く、そう明かしたトム・クルーズ本人も『Access Hollywood』にこう語っていた。

「『トップガン2』ってタイトルにはしないよ。数をつけたいとは思わない。必要ないよ。」

また続編は「1作目と似た雰囲気の作品に仕上げる予定」といい、当然トムは再びピート・ミッチェル(マーベリック)として主演するという。気になるストーリーラインについては伏せられているが、超高速機や航空母艦が登場するというから、大迫力の映像を期待していいはずだ。トム以外のキャストは不明だが、1作目に出演したヴァル・キルマーは、続編の制作発表後に写真をTwitterにアップ。「俺の準備はバッチリだ」などと書き込み、キャストに選ばれるよう猛アピールし話題を集めた。

2011年には「『トップガン』続編の話を進めている」と明かしていたトムも、自身の出世作の続編始動に大興奮しているはずだ。劇場の大スクリーンでトムの勇姿を見られる日は、2年後に迫っている。

画像は『Top Gun 2016年5月11日付Facebook』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)