提供:リアルライブ

写真拡大

 6月29日に放送されたバラエティ番組『じっくり聞いタロウ〜スター近況(秘)報告〜』(テレビ東京系)に、元モーニング娘。の福田明日香が出演し、グループ脱退の真相を告白した。

 福田は97年、バラエティ番組『ASAYAN』(テレビ東京系)の中で行われた『シャ乱Q女性ロックボーカリストオーディション』の最終候補に選ばれるが落選。その後、落選メンバーで結成されたモーニング娘。として活躍していたが、わずか2年で卒業し、芸能界を引退している。

 当時、その理由は学業に専念するためと発表されていたが、今回番組に出演した福田によると「中学生って意味もなく原宿に行くじゃないですか。原宿行ってクレープ食べたりとかした日には凄いことになっちゃうんで。段々普通に電車乗ったりとか、普通に竹下通りプラプラしたりとかは出来なくなってきて、ちょっと寂しい感じがして。これから先、ずっとこういう生活なんだって、13歳の時に急に不安になっちゃって」と、何気ない日常生活が奪われることへの不安が、卒業へ向かわせたと告白。さらに、もう1つの理由として「私は学校に行けないって言っても実家から通っていたし、家族にも会えていたので、なんかちょっとヌルいかなと思って」と、自分だけが東京出身者だったため、他の地方出身者メンバーとズレを感じていたとも明かした。

 今回、メインゲストとしてはグループ脱退後、18年ぶりのテレビ出演となった福田だが、これまで雑誌には何度か登場しインタビューに答えている。そこで彼女は、当時のメンバーとの人間関係について「(まだ子供だったから)言われたことをこなすので精一杯でした。必死でやっているのが、(他のメンバーには)冷静のように見えて、それが気に食わなかったみたいですね」と語り、さらに現役時代の苦悩についても以下のように語っている。

 「1対4になっちゃって、移動中とかも4人が固まって話しているのに、私はポツンと1人。露骨なのは、ラジオの本番中、一切、私とは喋ってくれなくて、私は司会の人としか話さないということもあった」

 また今回の番組では、MCから仲の悪かったメンバーを聞かれた際、「やっぱり中澤裕子さんですよね、年齢に開きがあったので。すごい歩み寄ってきてくれたんですけど、私が本当に子供だったので思ったことをすぐに言うし、ちょっと空気読めない感じで(笑)」と語っていたが、インタビューでも中澤について「私は何にも考えていない子供だったから、かえって難しいことが簡単にできちゃったりして、それも面白くなかったようでした。控え室で私が、ちょっと音を立てただけで『うるさいわ!』と、怒鳴られたりしましたよ」と、不仲について振り返っている。

 そんな中澤といえば、モー娘。時代に起きたクロワッサン激怒事件が、長年ファンの間で囁かれてきた。同事件はある日、中澤が、グループになかなか馴染めない福田のために、クロワッサンを買ってきてあげたことがあった。しかし福田は、一番の年少者だったためか、気を使ってその好意を拒否。すると中澤は「もう知らん!」とマジギレしてしまい、その場でクロワッサンを投げ捨てたという事件である。この件は、12年の明石家さんまがMCを務めるラジオ番組で話題に上がった際、ゲストで出演していた中澤が「事実です」と認めている。またさんまから「お前が焼いたやつじゃないのにブチギレたん?」と聞かれると「その辺で買ったんです。『これあげるね』って言ったら、『いや、いらない』みたいに言われて、バン! ってゴミ箱に投げ捨てたんですよ。その言い方にカチンときて」と激怒理由を明かした。

 これらのエピソードから、一部ではイジメがあったのではないかと騒がれたりもしたが、のちに福田はイジメられたと思ったことはないと否定している。また中澤とのやりとりについても、今では良い思い出と語っており「結局、一番仲が悪かった中澤さんとは、最後に一番仲良くなったんですよ。努力して踊りが上手になっていく彼女を『すごいよね。羨ましい』と言ったら喜んでくれて。引退後も連絡を取っていたのは、中澤さんくらいです」と、その後は良好な関係を結んだと語っている。

 当時、中学生の福田をはじめ、未成年メンバーも複数所属していた同グループ。社会人経験のあった中澤は、リーダーとしてグループをまとめるため、様々な苦労があったのかもしれない。

【参考】
・じっくり聞いタロウ〜スター近況(秘)報告〜(テレビ東京系)2017年6月29日
・ヤングタウン土曜日(MBS)2012年4月7日
・アサヒ芸能(徳間書店)2006年10月

(柴田ボイ)

※写真・福田明日香 PEACE$TONE Official Facebookより