明日の朝が納期!モニターを見つめる残業中のOL

写真拡大

がんばってきたあなたへ贈るトイアンナの「生きづらさ」診療所 61
著/トイアンナ

こんにちは、トイアンナです。「この職場、おかしいかも」「彼って危ない人なのかも」と気づくのって少し時間がかかりますよね。


ひどい環境が最初にあると「それが普通」になってしまう

たとえば就職ですと、新卒は1社目の風土を「これが社会ってもんか」と誤解しがち。ブラック企業へうっかり就職しても「ここおかしいぞ?」と気づくのに時間がかかります。

たとえば私は新卒で残業200時間以上の激務を経験していましたが「みんな最初はそんなもんでしょ」くらいに思っていました。数年後に転職して「18時に帰っていいよ」と言われ、こんなに早く帰されるなんて自分は職場で干されてるんじゃないかと震えたのを覚えています。1社目で「普通」の基準が狂ってしまったのです。

恋愛も似ています。恋愛経験が少ないとき付き合った彼からDVやモラハラを受けても「これが男性ってものかな」と受け入れてしまいがち。漫画『酔うと化け物になる父がつらい』で、初めて彼氏と付き合った作者が、昼間からお酒を飲んで暴力を振るう彼を「普通のこと」「私を愛してくれるのはこういう人だけだ」と無理やり受け止めようとします。

何かおかしい、と逃げ出すあなたを引き留める呪いに気を付けて

けれど、職場でも恋愛でもどこかで「何か変だ」と気づく瞬間はあるはずです。ブラック企業やDV、モラハラ彼氏に遭遇するのは事故にあったようなもの。いかに早く事故現場から抜け出し、回復するかが鍵です。ところが逃げ出す準備をしたあなたを引き留める呪いの言葉があります。

「ここから逃げたら、他ではやっていけないぞ」
「俺以外にお前に付き合えるヤツなんているかよ」
という、恐ろしい言葉です。

あなたはまだ経験が少なく、会社や彼から逃げてもやっていけるか自信はありません。もしかして自分はただワガママを言っているんじゃないか? 自分なんかが好条件を求めてもいいんだろうか? と不安になるでしょう。

友達を基準にして「やっていけるか」決めましょう

そんなときは、友達数人に話を聞いてもらいましょう。

「そんな職場、辞めた方がいいよ」
「なんでそんな彼と付き合ってるか理解できない」

と、複数の友達が言い出したらあなたは外でもやっていけます。少なくとも友達の「普通」を超えたハードな場所にいるからです。

といっても職場の同僚や、同じような彼氏を持つ女性には相談しないこと。自分と違う暮らしをしている友達に話を聞いてもらうことで、世の中にはたくさんの「普通」があり、あなたにとって楽な「普通」を選んでいいことが見えてくるからです。自分のことなんて聞いてもらうほどじゃない……と抱え込まず、まずは「ねえ、これっておかしいのかな?」と質問してみましょう。

トイアンナとは?
人気コラムニスト, ライター。ブログ『トイアンナのぐだぐだ』をはじめ、人の生きざまを分析する文章でファンを獲得し月間50万PVを記録。
http://toianna.hatenablog.com/