日本を訪れる中国人のなかには、訪日して「日本の長所」を目の当たりにし、驚きとともに日本に対する認識を新たにしたという人も少なからず存在する。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本を訪れる中国人のなかには、訪日して「日本の長所」を目の当たりにし、驚きとともに日本に対する認識を新たにしたという人も少なからず存在する。
 
 中国メディアの網易はこのほど、日本を訪れる前は「日本の長所を知らなかった」という中国人の手記を掲載し、日本を訪れて自らの目で日本を見てみたことで「日本がこれほど強大な国になった理由がよく分かった」と論じている。
 
 記事は、日本を旅行で訪れたという中国人の手記として、日本滞在の数日間だけでも「社会の管理や秩序、環境など様々な点で、日本は中国より優れている国だと分かった」と紹介。日本が中国より優れていると感じた点の1つ目として、まず日本人は誰に対しても親切で礼儀正しく、民度が高い国民だったと紹介した。
 
 さらに、日本はどこでも清潔だったとし、「これについては想像を超えていた」と紹介。日本が清潔であることは訪日前から聞いていたようだが、実際の日本は「どこを見ても不潔な場所など存在しなかった」とし、「決して誇張ではなく、日本ではゴミが散乱しているような場所を見かけたことは一度もなかった」と伝えた。
 
 また、日本は中国と違って空気がきれいで、公共トイレが多いうえにトイレには警報装置があって利用者の万が一に備える対応も見られたと紹介。そのほか、日本では喫煙できる場所が限られていたが、禁煙区域でタバコを吸っている人は見られず、ポイ捨てされたタバコの吸殻もほとんど見られなかったと指摘し、「日本を見れば、中国だってタバコをめぐる悪習は変えることができると分かった」と論じた。
 
 全体として、この中国人は日本で「日本人がルールを守ること」や「社会に秩序があること」などを目の当たりにし、こうした美点や長所の積み重ねが、国土が小さく資源も少ないながらも、日本を経済大国に押し上げた要因の1つであると感じたようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)