画像

写真拡大 (全3枚)

 医療脱毛専門院リゼクリニックは、都内在住の10〜20代の女性330名を対象に、SNS使用状況に関するアンケート調査を実施した。

 医療脱毛専門院リゼクリニックは、都内在住の10〜20代の女性330名を対象に、SNS使用状況に関するアンケート調査を実施した。

●SNSの使用傾向は年代によって違いあり

 まず、SNSの使用状況についての質問をしたところ、Instagramは年齢が若くなるほど使用率が高く、Facebookはその逆の傾向があることが分かった。Twitterに関しては、どの年代でも半数以上の人が使用している。

●Instagramでいいね!する基準は「写真がおしゃれ」

 次にInstagramでいいね!を押す基準については、1位が写真がおしゃれ(68.4%)、2位が利用するお店の参考になる(34.2%)、3位はファッションが参考になる(32.9%)であった。

●SNSで検索する、がスマホ女子の当たり前?

 Instagramでよく使用する機能を聞いたところ、検索機能が55.9%で、もっともよく使われていることが判明した。2位以下は、投稿、いいね、コメントなどのフィード機能が49.3%、3位はストーリー機能で18.4%だった。

 【調査概要】
 調査主体:医療脱毛専門院リゼクリニック
 調査対象:都内在住の10〜20代の女性330名
 調査期間:2017年6月24〜25日

MarkeZine編集部[著]