藤井聡太四段

写真拡大

3日放送の「中居正広のミになる図書館 2017年上半期!話題のニュース全部見せます3時間SP」(テレビ朝日系)で、将棋プロ棋士・藤井聡太四段が、ネット将棋で有名だった過去が明らかになった。

番組では、公式戦29連勝を果たした藤井四段の強さを徹底取材。VTRで、藤井四段を8歳のころから知る将棋ライター・鈴木宏彦氏が登場し、「大器の片鱗」を語った。鈴木氏によると、藤井四段は地元・愛知県瀬戸市で身近にライバルがいなかったため、ネット将棋を使い、対戦相手を探したという。

そこで藤井四段は、小学校2年生から7年間で1500局を超える対局を行い、実戦経験を積んだとのこと。匿名だったが、あまりの強さから有名で「プロの間で『この子は誰なんだ?』とウワサ話が広がって、どうやら藤井くんらしいということになった」「『どんな将棋を指すのか』と、プロが寄ってたかって対局した」というのだ。

その中には2日、藤井四段と対戦し連勝記録をストップさせた佐々木勇気五段も。鈴木氏によると「佐々木五段も数局指したが、ほとんど勝てなかった」と証言していた。

【関連記事】
藤井聡太四段のCMギャラ予測で議論「オリンピックのメダリスト級」
宮根誠司 佐々木勇気五段のルックスに「堂本光一くんに似てない?」
加藤浩次が藤井聡太四段の関連グッズをめぐり苦言「転売目的はよくないよ」