INFINITE エル、ドラマ「君主」撮影終了の感想を語る…“良い監督、スタッフに出会えた”

写真拡大

「君主」に出演中のINFINITE エルが撮影終了の感想を明かした。

エルは3日午後、ソウル市麻浦(マポ) 区上岩(サンアム) スタンフォードホテルで開かれたMBC水木ドラマ「君主」の打ち上げ会の現場でOSENに「残りの放送もたくさん愛してください」と話した。

彼は「俳優たちが本当に一生懸命撮影に臨みました。残りの放送もたくさん愛してください。私、キム・ミョンスもたくさん愛してください」と話した。

続けてエルは、イメージチェンジが評価されたことについての感想を聞く質問に「本当に良い監督、スタッフ、撮影監督さんに出会ったおかげだと思います」とスタッフの努力を称えた。

さらに「これからもより良い姿をお見せできるよう頑張ります」と伝えた。

エルは劇中、頭が良くてしっかりしているが、賤民であるため夢を広げることができず、デモク(ホ・ジュノ) により“偽りの王”になるイ・ソン役に扮し、熱演を繰り広げた。

「君主」は朝鮮八道の水を私有し、強力な富と権力を得た組織辺首会(ピョンスフェ) と立ち向かって戦う世子(王の跡継ぎ) の死闘を描いたドラマで、韓国で13日に放送終了する。