坂上忍

写真拡大

4日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、前横浜市長の中田宏氏が、「安倍やめろ」コールを行っていた聴衆を「組織的活動家」と断言した。

番組では前日に続き、2日の都議選最終日に秋葉原で最初で最後の演説にたった安倍首相が、「安倍やめろ」コールに対して「こんな人たちに、私たちは負けるわけにはいかない!」と聴衆を「こんな人たち」呼ばわりした話題を特集。ネットで賛否両論が起きる中、菅義偉官房長官は「民主主義国家ですから、選挙運動というのは自由」「許容の範囲というのはあるし、きわめて常識的な発言」だと述べた。

坂上は「安倍さんって怒りっぽい方なんですかね」とびっくりした様子で語り、「まともに相手しちゃってたらその時点で負け」「そのときにどういう対応をとるのか」が重要だとし、「まともにケンカしちゃったのに、びっくりした!」と述べた。

コメントを求められたヒロミも「びっくりした!」とし、「他の人が、稲田【朋美防衛相)さんだったらまた大変なことだし」「熱い人というか、カチンときちゃったんだよね」「挑発に乗っちゃダメなんだよね!」と述べた。また坂上は「もっとびっくりした」として、菅官房長官の発言をあげて「あまりに守り方がね…」と呆れていた。

一方、前横浜市長の中田氏は「見る人が見るとわかる」といい、「あれは(安倍首相を)詰ってる反対派っていうのは組織的活動家」だと発言したのだ。中田氏は、安倍首相もそのことをわかっているとし、国会で民進党に対して反論しているのと「同じことをやっちゃった」と推測した。ただ中田氏は「活動家であろうが国民」であるとし、「挑発に乗っちゃいけない」とやはり安倍首相の言動を非難した。

坂上は改めて、菅官房長官の言うとおり発言の自由はあるとしながら、一般人と「国の最高権力者」を「同じなんですか?ってお聞きしたい」「重みがぜんぜん違うし、圧力が全然違う」と憤っていた。

【関連記事】
橋下徹氏 都民ファーストの会の躍進は「憲法改正の大チャンス」
落選した自民党新人候補が「脇が甘い」発言を釈明「変な切り取られ方をしました」
加藤浩次 都議会選挙で大敗した自民党幹部の見方に苦言「こんな考え方でいいの」