アツデン、プロフェッショナルコンパクトシネママイク「SGM-250CX」を発売

写真拡大

アツデン株式会社は、プロフェショナルコンパクトシネママイク「SGM-250CX」を2017年7月中旬以降に販売する。希望小売価格は税別38,000円。

SGM-250CXは、SGM-250でも採用している新世代ECMマイクユニットを採用。出力には長さ33cmのXLRコネクター音声ケーブルを標準実装。音響管の長さは15.3cm。超指向性とノイズの少ない録音を実現したとしている。入力電源はファンタム48V対応。カメラからの振動を防ぐショックマウントホルダーはSMH-Xを採用。基本的には、カメラのマイクホルダーに実装して使うことを想定しているが、ブームポールに付けての利用も可能だという。主な特長は以下の通り。

  • 型式:バックエレクトレットコンデンサー型
  • 周波数特性:20-20,000Hz
  • 指向特性/感度:超指向性−33dB at 1kHz(0dB=1V/Pa)
  • ダイナミックレンジ:112dB
  • インピーダンス:100Ω(at 1kHz)
  • 最大入力音圧レベル:130dB SPL(1kHz at 1% T.H.D)
  • S/N比:76dB(1kHz at 1Pa)
  • 消費電流:5mA
  • 電源:DC 11V-50V(Phantom)
  • 質量:85g
  • 寸法:φ21mm×153mm
  • ケーブル:φ5mm、約330mm
  • コネクター:XLRM−3pin
  • 付属品:ショックマウントマイクホルダー(SMH-X)、ラバーシート、風防、ポーチ、取扱説明書