【速報】ウィンブルドン第2日

写真拡大

 今月3日(月)からイギリス・ロンドンで開催されているテニスの4大大会であるグランドスラムで唯一グラスコートを舞台とする「ウィンブルドン」(本戦7月3日〜16日/グラスコート)。

[Draw]ウィンブルドン 男子シングルス

[Draw]ウィンブルドン 女子シングルス

 大会第1日、男女シングルス1回戦が行われ、男子は第5シードのスタン・ワウリンカ(スイス)が敗れる波乱の幕開けとなった。ダニール・メドベデフ(ロシア)と対戦したワウリンカは、膝の状態が万全でなかった影響もあり4-6 6-3 4-6 1-6で敗れた。

 それ以外の上位シード勢は順当に初戦を突破。第1シードのアンディ・マレー(イギリス)、第4シードのラファエル・ナダル(スペイン)、第7シードのマリン・チリッチ(クロアチア)はいずれもストレート勝ちした。また、マルコ・チェッキナート(イタリア)と対戦した第9シードの錦織圭(日本/日清食品)も、6-2 6-2 6-0ストレートで2回戦に駒を進めた。

 一方、女子の上位シード勢は、第2シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)、第4シードのエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)は、第6シードのジョハナ・コンタ(イギリス)、第8シードのドミニカ・チブルコバ(スロバキア)、第10シードのビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)がいずれも順当に2回戦に駒を進めた。また、ノーシードで全仏オープンを制した第13シードのエレナ・オスタペンコ(ラトビア)も、フルセットの末に初戦を突破した。

 女子の日本勢は、大坂なおみ(日本/日清食品)がサラ・ソリベス トルモ(スペイン)を6-3 7-6(3)のストレートで下し、ウィンブルドン初勝利を挙げた。一方、日比野菜緒(日本/LuLuLun)は第17シードのマディソン・キーズ(アメリカ)に、奈良くるみ(日本/安藤証券)は予選上がりのフランソワーズ・アバンダ(カナダ)にいずれもストレートで敗れた。

 大会第2日目、男子シングルスでは、第3シードのロジャー・フェデラー(スイス)が史上最多の8度目の大会制覇に向けて始動。第2シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)、第6シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)、第8シードのドミニク・ティーム(オーストリア)、第10シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)らも初戦を迎える。

 女子シングルスでは、第1シードのアンジェリック・ケルバー(ドイツ)、第3シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)、第5シードのカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)、第7シードのスベトラーナ・クズネツォワ(ロシア)、第9シードのアグネツカ・ラドバンスカ(ポーランド)らが登場。ラドバンスカは、元WTAランキング1位のエレナ・ヤンコビッチ(セルビア)との対戦に臨む。

 日本勢では、男子シングルスに前哨戦の1つであるトルコ・アンタルヤの大会でATPツアー初優勝を果たした杉田祐一(日本/三菱電機)が登場。ダニエル太郎(日本/エイブル)と共にウィンブルドン初勝利を狙う。また、女子シングルスでは、土居美咲(日本/ミキハウス)と尾粼里紗(日本/江崎グリコ)が、大坂なおみに続く初戦突破を目指す。

尚、本サイトでは全仏オープンの試合を厳選して、連日テキスト速報でお送りします。是非お楽しみください。

■7/4の速報対象試合(予定)

※変更になる可能性がございます。予めご了承ください。

<女子シングルス1回戦>

22:00頃:キルステン・フリプケンス(ベルギー)VS.土居美咲(日本/ミキハウス)

<男子シングルス1回戦>

19:30:ミカエル・ククシュキン(カザフスタン)VS.ダニエル太郎(日本/エイブル)

24:00頃:杉田祐一(日本/三菱電機)VS.ブライデン・クライン(イギリス)

1:00頃:アレクサンドル・ドルゴポロフ(ウクライナ)VS.ロジャー・フェデラー(スイス)[3]

(テニスデイリー/ナノ・アソシエーション)

 ※写真は「アンタルヤ・オープン」(トルコ・アンタルヤ)の2回戦で元世界3位のダビド・フェレールを破り、ATPツアーで今季2度目の8強入りを果たした杉田祐一(サービトン・チャレンジャーでのもの)Photo:SURBITON, ENGLAND - JUNE 11: Yuichi Sugita of Japan celebrate during the final match against Jordan Thompson of Australia during the Aegon Surbiton Trophy tennis event on June 11, 2017 in Surbiton, England. (Photo by Patrik Lundin/Getty Images)