「こんな高品質の写真が撮れる、そうiPhoneならね」というフレーズを信じてiPhoneを購入しても、同等のクオリティを再現するのは非常に難しいものです。そうとは分かっていても、「やっぱりスマートフォンでいい写真を撮りたい!」という人のために、スマホ写真の品質を1段階上げるためにできるハードウェアの使い方を、Marques Brownlee氏がYouTubeムービーで解説しています

Dope Tech: "Shot on Smartphones!" - YouTube

「この写真はiPhone 7 Plusで撮影したものです」



割れんばかりの歓声、そして拍手。AppleのiPhone発表会では見慣れた光景。



(マジかよ!?)



YouTubeで「shot on iphone(iPhoneで撮影)」と検索してみると……



素晴らしい写真の数々が現れます。



いずれもiPhoneで撮影されたものばかり。スマートフォンで撮影されたものとは信じがたいクオリティ。



AppleのCMでおなじみの「Shot on iPhone(iPhoneで撮影)」のうたい文句。



よくみると、下には薄くて小さい字で「Additonal equipment and software used(追加の機材とソフトウェアを使用)」という但し書き。



(追加の機材?)



それは、こんな大がかりなマシンや……



電動ジンバルということです。



これらの写真は確かにiPhoneで撮影されたものなので、「shot on iphone(iPhoneで撮影)」というのは偽りではありません。



技術的には十分可能であり、とてつもなく良い条件がそろえば、特別な装置を使うことなくスマートフォンで素晴らしい写真を撮ることも可能です。



ただし、99%の場合、この良い条件には当てはまりません。



もちろん、セルフィースティック(自撮り棒)や……



スマートフォンホルダーを使っても、良い写真は撮れるでしょう。



しかし、AppleのCMの「追加の機材」とは、空中撮影を可能にする小型のドローンや……



大型のドローン。



そして、一眼レフカメラに変身させるレンズマウントを指しています。



このような大がかりな装置では、リモコンを使って手元でレンズを操って、焦点距離を変えることも可能です。



レンズマウントを4輪バギーに搭載して、水平方向に動く被写体をローアングルから撮影することもあるのです。



「このビデオは全編Samsung Galaxy S8で撮影されたもの」や……



「iPhoneで撮影」などのうたい文句は、ウソではないとはいえ、誇張と言わざるを得ません。



「このようなCMの問題点は、同じスマートフォンを手に入れれば、美しい写真やムービーを自分も撮れると錯覚させるところです。だって、同じスマートフォンには違いないのですから」



とはいえ、「スマートフォンで美しい撮影がしたい」と願う気持ちは自然なことなので、「Dope Tech流のスマートフォン撮影のクオリティを一段階上げるテクニック」を紹介するとのこと。



市販されているスマートフォンカメラの性能は非常に高いレベルにあるのは事実です。



ただし、携帯電話という制約からレンズやセンサーのサイズに制約を受けざるを得ません。そこで、レンズ性能をより高めるために、レンズアダプタキットを利用するというのは良い手段です。



ひとえにレンズアダプタキットと言っても、クリップ式で挟み込むタイプや、補助バンパーで取り付けるタイプやケース一体型などたくさんあります。



その中でもイチオシはMomentの第2世代のケース型レンズアダプタ「Moment 2.0」だとのこと。



従来のバンパータイプとは違って、専用のハードケースに……



ワンタッチで簡単に高品質のレンズを装着することができます。



ハリウッド撮影の技術が使われるというMomentのレンズの威力は強力。



広角レンズや魚眼レンズや……



10倍マクロレンズなど、スマートフォンカメラの撮影の幅を大きく広げてくれます。



もちろんムービー撮影にも使えます。



欠点は専用のハードケースを使わなければならず、付属品が増える点。



ただし、専用ケースタイプでは、フレームが邪魔になったりケラレが出たりという心配は無用。



完璧な焦点距離を常に保てるのは大きな利点だとのこと。



レンズアダプタでワンランク上の写真撮影が実現できると、次はムービーのクオリティをワンランク高めたくなるものです。



高品質ムービー撮影に大きな威力を発揮するのが「DJI Osmo Mobile」のような電動ジンバル。手ブレを完全にキャンセルして、滑らかな極上ムービーを撮影できます。Brownlee氏によると、電動ジンバルの効果は絶大で、手持ち撮影とは別次元の品質のムービーが出来上がるので、YouTubeでムービーをアップロードする人は試す価値ありだとのこと。



パンやチルトなどの首振りを手元で安定してコントロールできるのも非常に便利です。



パン・チルトも利点ですが、やはり電動ジンバルの魅力は滑らかな映像が得られること。電動ジンバルにスマートフォンをセットして、動き出せば手持ち撮影とは一味違った映像を手に入れられます。



なお、Osmo Mobileのような軽量のジンバルでは、Moment 2.0を搭載したスマートフォンでは支持できずに使えないことがあるようです。



そのような場合は、一眼カメラで使える本格的な電動ジンバルにグレードアップするべきです。



スマートフォンカメラの撮影品質の向上を求めれば、追加で使う装置が大きくかさばっていき、さらには高額の出費が必要になるのは避けられません。画質と手間はトレードオフの関係なので、いつでも携帯してすぐに撮影できるスマートフォンの「手軽さ」という大きなメリットとの兼ね合いを考えて、デメリットを上回るメリットを得られるオプションをシーンに応じて使い分けるのが大切です。