スパンダー・バレエ、シンガーが脱退

写真拡大

スパンダー・バレエのシンガー、トニー・ハドリーが脱退した。

◆トニー・ハドリー、スパンダー・バレエ声明

ハドリーは月曜日(7月3日)、「僕はもはやスパンダー・バレエのメンバーではなく&将来、このバンドとはパフォーマンスしない」とつぶやいた。はっきりとした理由は説明されず、「僕には制御不可能な状況により」とだけ記している。

スパンダー・バレエもその直後に声明を発表。「僕らは大いに不満だったが、トニーは2016年9月に、もうこのバンドとは一緒にやりたくないと明らかにしていた。これが変わることはなく、彼とパフォーマンス/共作できたのは2015年が最後だった。よって、僕らはいま、バンドとして先に進む決断を下した」

70年代終わり、幼馴染により結成されたスパンダー・バレエは、ニュー・ロマンティックを代表するバンドの1つとなり成功をおさめたものの、1990年に解散。印税をめぐり裁判となり、メンバーの関係は悪化したが、その後和解し、2009年に再結成した。以降、世界ツアーの開催、アルバム『Once More』の発表など順調に活動してきた。

ハドリーはこの後、アメリカで開催される80’sのレトロ・ツアー<Lost 80’s Live>に参加するそうだ。

Ako Suzuki