文字はデザインである?

写真拡大

世界にはさまざまな文字があります。海外旅行をした時などに、まったく読めない文字に遭遇した経験は誰もがあるでしょう。中国の漢字や、あるいはアルファベットならば、なんとか意味を取ることができるかもしれません。しかしながら、タイ文字や、あるいは韓国のハングルなどは、読めない人にとってはまったくちんぷんかんぷんです。一方で、その文字のデザインや造形に惹かれる人もいるかもしれません。

文字のコレクション

「文字の博覧会:旅して集めた"みんぱく"中西コレクション」(LIXIL出版)は、京都で印刷業を営みつつ、世界中の文字をコレクションした中西亮の成果が収められています。中西は「人類文化最大の成果である」と述べます。文字を集めるために世界各地を旅し、民芸品や、あるいは現地の新聞、出版物などを次々と収集してゆきます。さらに、現在は使われていない失われた文字も、発掘してゆきます。その情熱には目を見張るものがあります。

テーマを見つける旅

海外旅行はいまは、昔に比べれば気楽にできるようになりました。その分何となく現地へ渡り、観光ガイドブックに載っている場所を一通り見て終わりという場合も少なくありません。中西さんのように、何かテーマを見つけてそれを求める旅をしてみるのも面白いといえるでしょう。