※市川海老蔵オフィシャルブログより

写真拡大

7月3日(月)に初日を迎えた『七月大歌舞伎』で、最年少記録4歳で宙乗りを果たした息子の勸玄くんについて市川海老蔵がブログで振り返った。

宙乗りが行われたのは、銀座の歌舞伎座で開幕した『七月大歌舞伎』夜の部『駄右衛門花御所異聞』。勸玄くんは白狐役で登場した。

当日の朝に「さぁ」と題してブログを更新した海老蔵は、娘の麗禾ちゃんを幼稚園へ送り届ける様子と勸玄くんが、「今日出たくない」と言い出したことを明かした。
「もはや
どうしてよいものやら
私も大役の初日なのですが、
もはやどうでも良いというような心境に至りそうで、
そんなことはないですが
混乱。
混乱。」
と勸玄くんの発言に混乱している様子。
葛藤しているという勸玄くんを無理やり車に乗せ歌舞伎座に向かっている途中、海老蔵と麻央さんの結婚披露宴で歌ってもらったという平原綾香の「Jupiter」が流れてきたという。
勸玄くんに、
「あ、ママが見てるよ、カンカン」
と言うと、気持ちが落ちついてきたという勸玄くんの様子に海老蔵は、
「まお、あなた 完全に見てるよね、ありがとう」
とピンチを救ってくれた麻央さんに感謝の気持ちをつづった。

無事に歌舞伎座に着いた海老蔵は準備を開始。白狐役の勸玄くんにはかぶりものが数個用意されており、その日の気分で選ぶという。
夜の部が始まっても寝ていたという勸玄くんだが出番前には起きて無事壇上に上がった。出番後に更新されたブログには、
「よくやった
そばに
ママいたね、
と互いに話しました、、涙」
と宙乗りを成功させた勸玄くんと共に舞台上で麻央さんの存在を感じたことを明かした。

6月16日に「7月3日初日 歌舞伎座にて」と題して更新された麻央さんのブログで、
「ブランコもまだゆっくり座っているのに
心配ですが、本人は飛ぶ気のようで
皆様 ぜひあたたかくご観劇、
見守って頂けましたら幸いです。」
と心配していた麻央さんに、
「帰ってすぐに麻央に報告、
麻央も一緒に飛んでたとは思いますが、
一応報告も、」
と自宅に帰ってすぐに報告したという海老蔵。
「今日はよくやってくれた。感動しました。」
と勸玄くんを労い「誠に誠に長い1日です」と振り返った。