「初恋」と「青春」がつまった
ラブストーリーで共演 (C)2018「honey」製作委員会

写真拡大

 平野紫耀と平祐奈の共演で目黒あむ氏の人気コミックを実写映画化する「honey」に水谷果穂、SUPER☆GiRLSの浅川梨奈、佐野岳が出演していることが発表された。

 不良なのにキュートでピュアな主人公・鬼瀬大雅と、ヘタレでビビリな女子高生・小暮奈緒の初恋を、たくさんの「はじめて」や「友情」など青春のすべてを絡めながら描く“鬼キュン”ラブストーリー。関西ジャニーズJr.の一員で、「Mr.KING」のメンバーである平野が鬼瀬役で映画単独初主演。平が髪を20センチカットし、人生初の茶髪でヒロイン役に挑むほか、横浜流星が鬼瀬大雅のクラスメイトで毒舌家の三咲渉を演じる。

 連続テレビ小説「とと姉ちゃん」での好演が記憶に新しい注目株の水谷が演じるのは、ヒロイン・奈緒が自分の気持ちに答えを出せるように、いつもそっと背中を押してあげる親友の矢代かよ。「クールで一匹狼なところがあるのですが、私自身とは全然違うタイプ」のため、撮影開始前は悩んだようだが、現場では平野、平、横浜がそれぞれの役になりきっていたので「私自身も自然にかよになることができ、肩の力を抜いて演じることができました」と振り返る。

 転校生で密かに鬼瀬へ思いを寄せる西垣雅を演じた浅川は、クランクイン初日にお弁当を食べる場面で「鬼瀬くんがアドリブですごく面白い話をしてくださって、必死に笑いをこらえていました」と告白。一方、大学生でかよの彼氏でもある権瓦郁巳を演じた佐野は、鬼瀬役の平野との本格的なアクションシーンに挑んでおり、「最初の方に撮影した雨の中のアクションシーンは、春先の撮影だったんですけど、当日だけ特に気温が低く、とても寒かったのを覚えています。ただ、体を張っただけあって、いいシーンが撮れていると思っています」と胸を張った。

「honey」は2018年公開予定。