「バリー・シール アメリカを
はめた男」公開決定 (C) Universal Pictures

写真拡大

 トム・クルーズ主演作「バリー・シール アメリカをはめた男」が10月に全国公開されることが決定。主人公が飛行機を操縦する様子を収めた劇中カットが初披露された。

 1970年代、民間航空会社の敏腕パイロットから、CIAにスカウトされエージェントとして極秘作戦に参加し、さらには麻薬の運び屋として暗躍した実在の人物バリー・シールの生涯を描くクライムアクションエンタテインメント。本作の製作を熱望したクルーズが、「オール・ユー・ニード・イズ・キル」のダグ・リーマン監督と再タッグを組み、ぶっ飛んだ男の嘘のような人生のすべてをスリル、アクション、コメディ満載で描き出す。

 主人公のバリー・シールは、ホワイトハウスやCIAの命令に従いながら、同時に違法な麻薬密輸ビジネスで数十億円も荒稼ぎした男。破天荒で天才的ながら、誰からも愛される才能と愛きょうを持ち合わせた主人公を演じたクルーズについて、リーマン監督は「これまで髪が完璧でないトムなんてお目にかかったことがなかっただろう?」と、これまでのイメージを覆していることをほのめかす。その一方で、クルーズは劇中のフライトシーンのスタントをすべて自身で担当しており、これまでと変わらぬ鉄人ぶりも健在のようだ。