故・中村勘三郎さんの厳しい一言で20キロ減を果たした柳楽優弥

写真拡大

2週にわたり放送されるスペシャルドラマ『ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編』でのコミカルな姿や、映画『ディストラクション・ベイビーズ』で見せたバイオレンスな演技まで見る人をくぎ付けにする俳優、柳楽優弥。彼は2004年、14歳の時に出演した映画『誰も知らない』でカンヌ国際映画祭・最優秀男優賞を史上最年少で受賞し脚光を浴びた一方で、突然の激太りで世間を驚かせたこともある。それ変えるきっかけになったのは、2012年に亡くなった18代目中村勘三郎さんの言葉だったという。

3日に放送された日本テレビ『深イイ話&しゃべくり007』にゲスト出演した柳楽優弥。普段なかなかバラエティに出演しない彼の登場というだけあって、番組では「俳優なのに○○」と題して彼の知られざるパーソナリティについて触れられた。

柳楽といえば若干14歳でカンヌ国際映画祭の最優秀男優賞を受賞、一気に実力派俳優として脚光を浴びたものだ。しかし一方で2008年に薬物の過剰摂取で救急搬送されたり、20歳前後では激太りしたりと世間を騒がせたこともある。一時の“激太り”について柳楽は「ご飯を食べ過ぎた」と明かし、精神的なストレスが原因だったと語った。

現在は見事にスリムな体型を取り戻した柳楽だが、そのきっかけになったのは2012年に亡くなった中村勘三郎さんの一言だった。2人は普段から接点はなく直接かかわったのは1回きりだったそうだが、柳楽は勘三郎さんにはっきりとこう言われたのだ。

「君は見栄えが悪いから、俳優辞めなさい。」

初めて対面した相手に突然そのような言葉を投げかけるのは失礼なようにも思える。しかし勘三郎さんには、柳楽に伝えたい何かがあったのかもしれない。

そして柳楽もこの言葉を「本当にありがたい」と受け止め、ダイエットを決意。ボクシングなどスポーツに汗を流し、2〜3か月で20キロの減量に成功したという。

その後の柳楽は、様々な映画やドラマ、CMに出演し再び実力派俳優として活躍している。今年はNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』などすでに3本の連続ドラマに出演しており、今月14日に公開される映画『銀魂』や2018年公開の『散り椿』にキャスティングされるなど絶好調だ。順風満帆に見える柳楽の役者人生だが、その裏には勘三郎さんからの“人生を変える一言”があったのだ。
(TechinsightJapan編集部 根岸奈央)