@AUTOCAR

写真拡大 (全4枚)

ヴァーチャルコクピットが、ポルシェに

2018年末に発表される次世代型ポルシェ911は、初めて

デジタル・インストルメントクラスター
ハイブリッドパワー

を採用するモデルとなる。


欧州やニュルブルクリンクで撮影された開発車両には、デジタル化されたダッシュボードが確認できる。これは部分的に、アウディのヴァーチャルコクピットとほぼ同じシステムをベースとしている。
 

どうなる、911ハイブリッド? 911 EVも?

次期ポルシェ911について何よりも重要な点は、ハイブリッドをオプション設定することだ。開発にあたるエンジニアは、AUTOCARの取材に対し、ハイブリッドパワートレインを911に収めるために、今回のテスト車両のようにワイドスタンスなボディを検討していると明かした。


なお、カイエンやパナメーラのハイブリッド仕様は、いずれも3.0ℓスーパーチャージド・ガソリンエンジンとモーターという組み合わせを採用。918スパイダーは、4.6ℓV8エンジンと2基のモーターというパッケージだ。


さらにハイブリッド仕様にくわえ、ポルシェは911のオールエレクトリック仕様も検討している。これは、アウディR8 e-トロンと同様のシステムを採用するようだ。