いつもぶっ飛んでるけど? 破天荒男に挑むトム・クルーズ
 - (C) Universal Pictures.

写真拡大

 トム・クルーズの主演最新作が、『バリー・シール/アメリカをはめた男』のタイトルで10月に日本公開されることが決定した。日本の小説を映画化した『オール・ユー・ニード・イズ・キル』のダグ・ライマン監督と再びタッグを組んだトムが、過去演じた主人公の中でも、際立って“ぶっ飛んでいる男”を演じる。

 トムが演じる主人公バリー・シールは、1970年代、航空会社に勤務しながらCIAの極秘作戦に強力する一方で、同時に違法な麻薬ビジネスも手掛けていた実在のパイロット。ホワイトハウスの命令を受けながら、伝説的な麻薬王エスコバルらの運び屋として、数十億円を荒稼ぎした破天荒男だ。

 レオナルド・ディカプリオが『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』『ウルフ・オブ・ウォールストリート』で演じたような、悪徳まみれだけど憎めない、カリスマ性に満ちた役どころに、演技派としてのトムも楽しめそうな本作。だがトムのアクション魂は健在なようで、劇中に度々登場するフライトシーンのスタントは、全てトム自身がこなしているという。

 トムとは気心の知れた関係であるはずのライマン監督も「開いた口が塞がらないほど、大胆不敵」と語るなど、ドキドキものの撮影だったようだ。同時にライマン監督は「これまで髪が完璧でないトムなんてお目にかかったことがなかっただろう? インターネットで髪が乱れたトムの写真を探してみるといい! 今回はその正反対のキャラクターだ」とトムの演技面における新たな挑戦を語っている。『オール・ユー・ニード・イズ・キル』続編の企画も進行中という2人のタッグにも期待したい。(編集部・入倉功一)