トランプ米大統領がCNNテレビに見立てた人物をプロレスの場外乱闘で殴り倒す映像を、大統領自身がツイッターに投稿した。CNNとフェイクニュースをかけた「FNN」のロゴマークも出していた。なんとも変わった大統領だが、米国民に批判が高まる一方で、固い支持層も選挙時同様あるらしい。

CNNは「大統領が記者に対する暴力を奨励した、悲しむべき日」と反応。大統領補佐官は「米国民に語りかける大統領を誇りに思う」と正反対の感想を公言した。

ツイッターに対する反響は13万件という。共和党支持者からも「トランプ氏が米国をリードするのは無理」「あんな人に投票するのじゃなかった」の声も上がった。「しゃれっ気があるね、皮肉度100%」というのもある。

批判70%、支持30%

野上真一アナ「賛否をざっと調べると、批判70%、支持30%でした」

青木理(ジャーナリスト)「メディアを暴力でやっつけることを肯定するのは非常に疑問です」

そういえば、安倍首相も側近や「お友達」をかわいがり、批判する者を敵視する。

司会の羽鳥慎一「いろいろ考えさせられます」