ホンダが1999年に発売した2ドアオープンスポーツ「S2000」の後継モデルが、コンセプトモデルとして東京モーターショーで復活する可能性があることが分かりました。

制作したCGでは、「ベイビーNSX」らしく、左右に「コ」の字型テールライトを配置、流行のLEDストリップライトで繋いでいます。

フロントフェンダーやサイド、リアにもエアスクープを装備し、センター出しクワッドエキゾーストパイプ、ダウンフォースを生むデュフューザーなど攻めたデザインとしました。

駆動方式は、これまで噂されていたミッドシップレイアウトではなく、S2000の原点である「FR」の可能性が高いことも判明、ボディサイズは4450mm程度とレポートされています。

注目のパワートレインは、シビック タイプRに搭載される2リットル直列4気筒i-VTECターボエンジンをアップデートし、最高出力は330psが想定されます。

期待されるコンセプトモデルの車名は、商標登録されたと見られる「ZSX」とも噂されていますが、市販型の車名は現段階で不明です。

いずれにしても、10月の東京モーターショーではホンダの新たな2ドアオープンのアンヴェールを期待したいです。

(APOLLO)

ホンダS2000後継モデル、東京モーターショーで復活か!(http://clicccar.com/2017/07/04/488518/)